時代とともに変化するい草の役割

い草と畳の歴史

 
縄文時代~弥生時代
 
 
縄文時代から弥生時代にかけて
遺跡発掘調査では、住居に稲わらを
敷き詰めていた形跡が発見されています。
農耕民族だった日本人の祖先には、
稲わらが身近な存在だったのではないでしょうか。
 
 

い草と畳の歴史
 
奈良時代
  
現存する最も古いたたみは
奈良時代のたたみです。
「御床畳」(ごしょうたたみ)という木で
できた台の上に置かれたものが、
奈良・東大寺の正倉院に保管されています。
  
  
い草と畳の歴史
 
平安時代
  
この時代のたたみは権力を
かたちどるものでした。
現在のように敷き詰められたものではなく、
必要な場所にのみたたみを置いていました。
 
貴族の住まいが寝殿造りになると、
板の間に座布団の代わりに敷いたり
寝具として敷いたりと
様々なところにたたみが置かれました。
 
   
い草と畳の歴史
 
鎌倉時代
 
建造物の作り方が書院造になると、
それまで必要な場所にだけ置かれていたたたみが、
部屋全体、床全体に敷かれるようになりました。
 
 
い草と畳の歴史
 
室町時代
 
部屋全体に敷き詰められるようになったため、
この時代から日本固有の「正座」が
されるようになりました。
「正座」もたたみにより
生まれた座り方だったのです。
 
  
い草と畳の歴史
 
安土桃山時代
 
安土桃山時代から江戸時代にかけて
茶道が発展し、炉の位置によって畳の敷き方も
変わっていきます。
町人の家にも徐々にたたみが使われ始めます。
  
 
い草と畳の歴史
 
江戸時代
 
江戸時代には役職として「御畳奉行」が作られ、
武家などには大切にされ、
将軍や大名には重要なものになりました。
たたみが町民に普及したのは
江戸時代の中頃を過ぎたあたりです。
 
江戸時代後期には、たたみを作って生業とする
「たたみ職人」「たたみ屋」という職業としての
たたみ職人が確立していき、
庶民の家にも使用されるようになりました。
  
 
い草と畳の歴史
 
明治時代
 
 
これまではたたみの柄などに
規制がかかっていましたが、
解除され、明治維新後に
一般社会にたたみが広く伝わります。
 
一般の民家で間取りの構成上、
床の間付きたたみや畳間の座敷作が
一般化し始めます。
  
 
い草と畳の歴史
 
大正、昭和時代
 
高度経済成長と共に人々の生活も洋風になり、
和室に座る生活から椅子やソファに座る生活へと
変わっていきました。
 
カーペットなどが普及していきますが、
それでも家の中にはたたみの部屋が
基となっていました。
 
昭和の半ば以降は、団地やニュータウンの登場、
住宅建設ラッシュ、中高層マンションの到来により
たたみの需要もどんどん高まっていきます。
  
 
い草と畳の歴史
  
平成時代
 
フローリングが広く普及し、
家を建てる際に和室を作ると
障子など付属するものが必要になって、
家を建てる時のコストダウンのために
和室の部屋が作られないことが増えてきました。
 
その反面部屋の中が寒い、音が響く、
落ち着かないなどのデメリットもあり、
再びたたみが見直されてきました。
フローリングの上に置くだけの置き畳や琉球畳が
徐々に人気を出してきました。